Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
青梅ベビーマッサージ

ふれない育児のしわ寄せ

ふれてもらえなかった子供は大きくなるとどうなるのでしょう?ふれない育児は子供の将来に影響を及ぼす可能性があるのです。

泣かない、笑わない、表情の乏しい子供

抱っこやなでなでが足りず皮膚感覚が満たされないと成長するにつれて様々な症状が現れます。例えばサイレントベビー。それは弱々しい声でしか泣けなかったり、そもそも泣かなかったり、あるいは笑うことが少なく感情が表現できない赤ちゃんのことを言います。

サイレントベビーになる原因はスキンシップや語りかけの極端な不足が原因だと考えられています。いくら要求してもママやパパにかまってもらえないため赤ちゃんは訴えることを諦めてしまったのです。

感情を処理できずいきなり爆発する子も

突然ヒステリックに泣き出したり癇癪を起こしたりするキレる脳も同じようにスキンシップ不足が原因だと考えられます。たくさんふれられて育った赤ちゃんは不快な気持ちになった時抱きしめてもらうと落ち着くことを経験として理解しています。
しかしスキンシップの足りない赤ちゃんは感情の処理の仕方がわからずいきなり爆発して攻撃的な行動に出てしまうのです。

親密な人間関係を築くのが難しくなる前に

もしも自分の子供にこうした様子が見られた時は積極的なスキンシップを心がけましょう。小さいときほど回復も早いはずです。スキンシップが不足したまま成長すると人と信頼関係を築くのが難しくなってしまうことがあります。たくさんふれられて育った子供はボディタッチを愛情表現のしるしとして受け取ることができます。しかしふれられてこなかった子供は他者にふれられることに必要以上に警戒し、緊張感を持ってしまいます。

愛情を思う存分受け取ることができなかったため、自分の恋人や結婚相手に対しても接し方がよくわからず不安定な関係に陥ってしまうという例も少なくありません。

思春期の問題行動やこころの健康にも影響が

触れない育児が引き起こす情緒不安定ない傾向は思春期になっても続くことが多いようです。キレる若者という表現はちょっとしたことに苛立ち攻撃的な行動に出てしまう若者を指します。彼らは幼い頃にスキンシップ不足があったのではないかと推測できます。
大きくなって体のいたる所にピアスをしたり、タトゥーやリストカットなどの自傷行為も満たされなかった皮膚感覚への刺激を過剰に求めた結果だという研究結果もあるようです。

社会の中で人とうまくコミュニケーションをとってい支え合っているという基本的な自尊心が損なわれるとおとなになってから心の健康を害してしまうこともあります。
赤ちゃんのときにコミュニケーションやスキンシップは一生を通して肌に残る記憶と言っても過言ではありません。

関連記事

  1. 青梅ベビーマッサージ
  2. ベビーマッサージ青梅
  3. 青梅ベビーマッサージ
  4. 青梅ベビーマッサージ

営業時間・情報

予約カレンダー

2019年7月
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
     
2019年6月

最近の記事

  1. 青梅ベビーマッサージ
PAGE TOP