Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
青梅ベビーマッサージ

ふれる事でどんな効果があるのか

子供にとって触れられるということは、脳と心にとっての何よりも大切な栄養です。では一体どのような効果があるのかを考えてみます。

成長するために必要なホルモン

元々「オキシトシン」というホルモンは母乳をしぼりだしたり子宮を収縮させたりなど妊娠中や子供を産んで間もない女性の体で働くホルモンです。
しかし最近の研究ではオキシトシンは出産前後の女性以外の体でも活発にはたらき様々な効果を発揮することが分かり注目されています。なんと生まれて間もない赤ちゃんが成長するために必要なホルモンであることが分かってきたのです。

日常で気に赤ちゃんに触ると効果も長続きします

赤ちゃんがオキシトシンを分泌するのは触れられているときです。なでなでしてもらったり、抱きしめてもらっているときに分泌されるため別名を「愛情ホルモン」「安心ホルモン」と言います。。

オキシトシンには愛情を深めたり成長を促す働きがありますが、ふれらたすぐに効果を発揮するものではありません。ですからいつも触ってあげて繰り返し分泌させることで効果が長続きするホルモンなのです。

スキンシップが増えると情緒が安定します

ある保育園で攻撃性が高く情緒不安定な子供を2つのグループに分け経過観察を行いました。一方にはスキンシップの多い遊びを、もう一方には今まで通りの遊びを続けてもらいました。すると2ヶ月後にスキンシップの多い遊びしたグループの問題行動が遥かに減るという結果になりました。

親子の愛情が深まる

オキシトシンは相手を信頼して親密な関係を築く為に欠かせない心に作用するホルモンだと言われています。ママに触れられることで赤ちゃんは安心すると同時に信頼できる相手だと認識します。更にはその経験を繰り返していくことでママに対する愛情を深めます。
オキシトシンは触れられる子供だけではなくママ自身にも同じように分泌されている事が確認されています。
母親であることの確かな自覚が生まれ親子としての絆が確実に芽生えてゆくのです。

社会性が高まる

スキンシップをしてオキシトシンが分泌されると情緒が安定して、攻撃的な性格や問題行動が抑えられることが確認されています。赤ちゃんのころから沢山のスキンシップを受けてきた子供は周りの人を信頼したり思いやったりする心が生まれ、社会性の高い子供に育ちます。
ママやパパとの間に基本的な信頼関係を築くことが出来た子供は将来無理なく社会生活を送ることが可能になるのです。

子供の成長を促す

オキシトシンの効果はあまりにも多いため一見つながりがなさそうに見えるのですが、根底の部分では子供の成長に大きく関わっています。
オキシトシンが分泌されると心が安定するため、よく眠れるようになり成長ホルモンの分泌が増えます。その為身体的な成長にも寄与します。一方で情緒を安定させ感情表現を豊かにする様な心の成長にも深く関わります。あらゆる成長に働きかけるホルモンだといえるでしょう。

リラックス効果がある

やさしく触れられる事で気持ちよさを脳が認識して分泌されるのがオキシトシンです。別名安心ホルモンと言われる通りオキシトシンには緊張を解きほぐす効果があります。オキシトシンが分泌されると心拍が安定し心や体がリラックスした状態が保たれます。
反対に普段から分泌されることが少ない子供は、常に緊張にさらされている状態だと言いかえることも出来ます。不安や緊張は情緒不安定や発育不良を起こす原因になります。
幼少期から触れられる事でオキシトシンの分泌を促された子供はリラックスすることを知り、情緒が安定した子供になるでしょう。

関連記事

  1. 青梅ベビーマッサージ
  2. ベビーマッサージ青梅
  3. 青梅ベビーマッサージ
  4. 青梅ベビーマッサージ

営業時間・情報

予約カレンダー

2019年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
         
2019年8月

最近の記事

  1. 青梅ベビーマッサージ
PAGE TOP