Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
青梅ベビーマッサージ

ふれ合うだけでたくさんのいいことがある

ママと赤ちゃんのふれあいは最も基本的なコミュニケーションです。しかしその行為の中には驚くほどたくさんの効果が隠されています。

ふれる事は信頼関係の第一歩です

毎日赤ちゃんに触ってあげていますか?と質問されたらどうしてそんなことを聞くのか疑問に思うママは多いかもしれません。

だっこや頭を撫でるなどの日常の中で行っているはずの仕草は赤ちゃんの心や体、脳を育てる上で大切な役割を果たしています。小さい頃にママの手をぎゅっと握ったり抱きしめたりしてもらったりすると、不安や緊張が和らいだあの経験は誰でも感じたことがあるでしょう。

もっとも手軽て大切なコミュニケーション

生後1年間お赤ちゃんは特にママに触れられることで2つの信頼感が育まれると言われています。一つ目は「自分がこの世に生まれてきた価値があり歓迎されているんだ」と実感して安心できるような自分自身の存在に対する信頼感であり、もう一つは優しく触れてくれるママをはじめとする周りの人に対する身体感です。

ママと子供がふれ合う事は信頼関係を育み、最も手軽なコミュニケーションだと言えるのです。

まずなでなでするだけ大丈夫!

赤ちゃんには単純に長い時間触ればいいというわけではありません。大切なのは愛情を持って触れることです。ままに愛されているということがきちんと伝わるように触れることが出来れば上出来です。
赤ちゃんを可愛いと思う気持ちがあれば自然と目を見て言葉をかけながら触れるはず。そういった愛情表現が最も効果的です。

忙しいのにとか面倒くさいと思いながら触れると赤ちゃんも気がついてしまいます。
短い時間でもいいので濃密なコミュニケーションをとるように心がけましょう。

まずは愛情をもってなでなですることからはじめてみましょう。

関連記事

  1. 青梅ベビーマッサージ
  2. ベビーマッサージ青梅
  3. 青梅ベビーマッサージ

営業時間・情報

予約カレンダー

2019年12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
       
2019年11月

最近の記事

  1. 青梅ベビーマッサージ
PAGE TOP