Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

力を入れすぎるのはNG

ベビーマッサージでは優しく撫でるようにふれましょう。
赤ちゃんのマッサージは優しく撫でるのが鉄則です。小さい子供ほど優しくソフトなタッチを心がけましょう。

押すのではなく優しく撫でるように

大人の感覚からするとマッサージは痛気持ちいいほうが良さそうな気がしますが、赤ちゃんの場合は撫で擦ることが基本です。
ギュッと押したり、ゴシゴシこすったりするのではなく、手の体温が伝わるような気持ちでゆっくりとベビーマッサージを楽しみましょう。

月齢が低いうちはソフトに触って

月齢の低い子供には更にソフトなタッチを心がけましょう。刺激に弱い赤ちゃんや、初めてベビーマッサージを体験する赤ちゃんに対しても同じです。とは言えおそるおそるマッサーッジしていると赤ちゃんも不安になってしまいます。神経質になりすぎずに、優しくソフトにマッサージすることを心がけましょう。

大きくなったら遊びを取り入れる

大きくなって刺激に慣れてきたらマッサージの気持ちよさが分かる様になってきます。手の動きに合わせて声を出したり歌を歌ったり、ちょっと遊び心を取り入れてみましょう。更に楽しく気持ちよくなってベビーマッサージをますます好きになってくれるでしょう。

関連記事

  1. 青梅ベビーマッサージ
  2. 青梅ベビーマッサージ

営業時間・情報

予約カレンダー

ベビーマッサージ3回コース

2019年12月18日 (水)

時間 予約
10:30

最近の記事

  1. 青梅ベビーマッサージ
PAGE TOP