Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ベビーマッサージ青梅

肌にふれることで脳や心が育ちます

子供は触るという行為にとても敏感です。自分で何かを触ったりママに触ってもらうことで様々な感覚を養ってゆきます。

さわることは「ものやこと」を認識するはじまり

赤ちゃんの肌に触れることで赤ちゃん自身や周りの人に対する基本的な信頼感を醸成するだけでなく脳や体にも沢山の刺激を与えます。

視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚と言われる五感の中でも最初に発達するのが触覚です。ですから生まれたての赤ちゃんは触覚がとても敏感です。さわることも赤ちゃんにとっては未知の世界を認識する大事な手段。赤ちゃんはなんでも手にとって口に入れようとしますがそれは手と下を使ってそれが何であるのかを認識しているのです。

皮膚を刺激することは脳を刺激すること

もちろん自分でさわるのと同じように触ってもらうことも重要です。触覚は視覚、聴覚と違い全身で感じるものです。しかも皮膚への刺激がタイレクトに脳へ働きかけるので全身に触れてあげることは脳を発達させて心や体を育てることにもなるのです。

触覚は他の4つの感覚の基礎になると言われています。いろんなものに触れたり触れられたりする経験は他の4つの感覚を育み、将来的に生き生きと主体的にものを認識でいるようになるためにもとても大切なことです。

「皮膚は露出した脳」と言われ皮膚絵の刺激は脳へダイレクトに伝わります。その為脳を育むには皮膚を刺激することが一番の近道だといえるでしょう。感覚や感情をコントロールする前頭葉に刺激が伝わると物事に対するやるきが高まり知性が発達することに繋がります。

全身がリラックスするために深い眠りをもたらし夜泣きが少なくなります。また眠りは成長ホルモンの分泌を促すために、体重・身長が増加し、すくすくと健康的に育ちます。運動機能が発達するだけでなく筋肉を介してリンパに働きかけるので免疫力や抵抗力が高まると言われています。

安心感が生まれ人に対する優しさや物事に対する落ち着きなどを手に入れ、情緒の安定した子供に育ちます。そうすることで行動力や好奇心が生まれ自立心も養われます。自分への信頼感が増すことで他者への信頼感も身につくので社会に出てからも社会性を発揮することが出来ます。

関連記事

  1. 青梅ベビーマッサージ
  2. 青梅ベビーマッサージ

営業時間・情報

予約カレンダー

2019年12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
       
2019年11月

最近の記事

  1. 青梅ベビーマッサージ

人気の投稿とページ

PAGE TOP