Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

育児法の時代推移(古来の習慣)

古来、ベビーマッサージは子守唄と同様に世界中で親から子へと受け継がれ伝承されてきた家庭習慣でした。
世界中で、赤ちゃんは抱っこされ、頬ずりを受け、常に優しい愛撫を受けていたのです。

だって、とても可愛いらしいですからそうなるのは当然です。

しかし、19世紀末の産業革命が起きた頃から、欧米ではその習慣が失われてゆきました。著しいい経済の発展と技術革新により、女性の労働力が求められ、工場の生産ラインに合わせた生活とそれに伴う育児の合理化が図られたのです。
それに伴い、親の都合に合わせた育児を提唱する学者が現れ、その学説が台頭するようになったと言われています。

そこで生まれたのが「抱かない/触れない育児法」です。

○必要な時以外は赤ちゃんに触れない、泣いても抱き上げない。(抱き癖をつけない)
○両親と一緒に寝かせず、子供部屋のベビーベッドに寝かせる。(アメリカのホームドラマなどで見かけますね)
○両親は子供に感情を持って接するべきではなく、機械的に扱うべきである。
○母乳よりもミルクを与える。
○ミルクは一定の時間でしか与えてはいけない。
○キスをしない・・・etc

この学説では子供の甘えにや泣き声に親がコントロールされてはいけないと考えられています。親が子供の支配下に置かれるべきではなく、早い段階で子供に独立心や自立心をもたせるべきであると説いていました。

一方、日本でも江戸時代に「小児按摩※ベビーマッサージの原点」として各家庭で子供に対するマッサージが行われていました。
その専門家もおり赤ちゃんが生まれると各家庭を回り施術を行っていました。

しかし、小児按摩は明治時代に文明開化が起こり西欧医学が導入されるようになると次第に衰退してゆきます。とはいえ、家庭での「抱く」「さする」「母乳を与える」という伝統的な育児習慣は残りました。

ところが第二次世界大戦後に欧米の「抱かない/触れない育児法」が流入し、それまでの日本古来の育児法は否定されるようになってきました。

この様な経緯で欧米、そして日本でも赤ちゃんをコントロールする育児法が流行し、母子の伝統的な触れ合いの手段であるベビーマッサージは次第に姿を消してゆきました。
しかし、アフリカやカリブから欧米に移住した人々は他国においても昔から継承されてきた自分たちの育児法を続けました。またアジアの一部やアフリカでもその伝統は途切れること無く受け継がれています。

一例ですが、ウガンダ(アフリカ)の赤ちゃんは誕生直後から4歳までマッサージを受けています。ある学者がその乳児達の発達を調査したところ、身体の成長が早く、また精神面の安定と高い知能を持っていることがわかりました。
その結果を踏まえ、アメリカの乳児と発達状態を比較したところ、ウガンダの子供のほうが平均で1〜2ヶ月程度成長が早いという結果が出ました。

欧米よりも教育が未発達だと考えられている発展途上国であるアフリカの子どもたちが、先進国である自国の子どもたちよりも成長が早いという事実に対して、欧米の知識人はショックを受け、やがてウガンダの育児法が注目されるようになりました。

これらに注目が集まることにより、欧米の育児形態も「コントロールするのではなく、安心感を与える」という本来の形に立ち戻ろうとしています。

関連記事

  1. 青梅ベビーマッサージ

営業時間・情報

予約カレンダー

2019年7月
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
     
2019年6月

最近の記事

  1. 青梅ベビーマッサージ
PAGE TOP