Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
青梅ベビーマッサージ

赤ちゃんの月齢別成長過程

ここでは誕生から1年間の赤ちゃんの発達段階を月齢ごとに見てゆきましょう。
どんなことがいつ出来るようになったという事は発育の上での一つの目安になりますがそれが全てではありません。
いずれ座れるようになり、やがて一人で立ち上がり歩けるようになります。

他の子供と違った月齢でその発達過程を達成していく子供もいるかもしれませんが、子供通しで外見や行動の違いが見られるように成長においても個人差は生じます。その個人差は「早い・遅い」でも優劣でもなくすべて個性です。

ベビーマッサジではそれらの赤ちゃんに適したマッサージを知ると主に、普段の生活においてその未発達な部分に負担をかけすぎないように正しい姿勢などを学ぶことも出来ます。

誕生から4週目までの赤ちゃんのことを新生児と呼びます。生まれたての新生児の頭や体には独特の特徴があり、外での生活にい一つ一つ順応してゆく内に変化してゆきます。

青梅ベビーマッサージ

●0ヶ月<新生児期>
生後4週間を新生児と言います。
誕生直後、白っぽいバターのような胎脂で覆われています。胎脂は胎児のときには皮膚や体温を守り、生まれるときに産道を通りやすくする働きをしています。皮膚は生後どんどん生まれ変わり、胎脂が取れ、薄い皮がポロポロとむけ始め、2〜3週間で新しいい皮膚に生まれ変わります。
生後2〜3日頃から「新生児黄疸」と呼ばれる生理現象が現れ、肌が黄みを帯びてきます。コレは腎臓の働きが未熟でビリルビンという体内にある色素を完全に分解することが出来ないために起こります。

また赤ちゃんの腕はW字型、足はM字型であり、手は握った状態です。生後数日は頭の形が変形していることも多いですが必要以上に気にすることはありません。

ハイは新生児が最初に息を吸った瞬間に膨張して、血液の循環に変化を促します。心臓も生まれたときに構造が変わり、肺に血液が循環する仕組みへと切り替わります。
手足は血液が効率よく循環するまでは青みを帯びています。新生児の頭蓋骨の縫合は、産道を通過するときや成長のためこれらの部位は移動が可能になっています。

町には蓄積されていた便があり、誕生後に初めて出す便は緑がかった黒色で粘性があります。生後3〜4日で体重が3〜10%減少しますが、これは胎便、尿などが母乳や水分摂取量よりも多いために起こる減少です。

新生児の外性器は比較的大きく女児の場合は膣分泌が見られることもあります。
赤ちゃんは大人のように対応を調整する昨日がまだうまく働いていないので周囲の温度に敏感です。

視野は狭く動体視力はまだありません。
20〜30cmは見えていると言われています。聴覚はお腹の中で完成しており音には敏感です。低い音よりも高い音に反応します。

生後暫くは胎児の頃の睡眠状態は続き昼夜の区別はまだありません。
新生児の中枢神経は未発達なので原始反射と呼ばれる行動が見られます。

●1ヶ月
皮下脂肪がつき始め、手足の肉付きが良くなり体は丸みを帯びてきます。仰向けで寝ていて手足を上下に動かしたり体をそらしたりしますがこれは自分の意志ではなく反射的な動きです。
首は据わっておらずグラグラします。またクビを少し持ち上げようとしたり、横に向けようとします。
瞳は動くものを追って動きますがとてもゆっくりです。この頃には色の識別はできていて特に赤や黄色の鮮やかな色が見えやすいようです。
いろいろな音に反応するようになり、良心の声に耳を澄ませたり泣き止んだりするようになります。
感染が発達してくるので汗をかきやすくなるので、この頃からあせもなどの皮膚トラブルが起きます。

皮膚の感覚が敏感になるのでこの時期の皮膚へのタッチは赤ちゃんの感情や知能の発達に欠かせません。

昼夜の区別はまだありません。空腹、眠気、おむつの不快感などは泣くことで訴えます。
授乳量が増えてくると眠る時間が長くなったりその影響でお腹がいっぱいでも少しの時間起きているようになってきます。

運動機能は脳に近い体の上部から発達し上か下へ、中心から末端へと進んでゆきます。

●2ヶ月
全体的にふっくらしてきて首や手足にくびれが出てきます。首がしっかりしてきて音脳する方へ顔を向ける仕草が見られるよになります。
手足をなめらかに動かすことも出来るようなります。
追視もはじまり、これが赤ちゃんの最初の自発的運動といえます。首を左右に動かせることで追視が広がり好奇心が強くなり、これらの事で脳への刺激が加わります。クーイングと言われる「アー」「ウー」というはなから抜けるような音が盛んに出てくるようになるのはこの時期からです。

視覚の発達に伴い周囲への興味が高まり起きている時間が長くなります。睡眠時間も安定し、昼夜の区別が付くようになってきます。
口の筋肉の発達によりおっぱいが上手に飲めるようになり授乳時間が短くなってくる赤ちゃんもいます。

●3ヶ月
皮下樹脂がつき、て箸の動きが活発になり筋肉も僅かながら付いてきます。体格に個人差が見られ始めるのもこの頃からです。自分の手をかざして見つめる、ハンドリガードと呼ばれる動作が見られる様になり、首の据わる赤ちゃんも出てきます。

おっぱいやミルクをの無料が減ってくる赤ちゃんもいますが、これは大脳の発達によりまっンプ区間が自分でわかるようになってきた為です。授乳時間もある程度定まり、夜は続けて眠るようになる赤ちゃんも見られます。生理的なことでしか快・不快の感情を持ちませんでしたが、抱かれる安心感やあやしてもらうことの心地よさを覚えて複雑な感情を持つようになり、泣いたり笑ったりする手段で意思を伝えるようになってきます。

●4ヶ月
体重の増える速度が落ちてきて発育が安定してきます、遺伝子的因子や環境、運動量などの違いにより体格差は赤ちゃんによって大きくなってきます。唾液腺が発達しヨダレが出るのようなるのもこの頃です。

ほとんどの赤ちゃんは首が座ります。何にでも手を伸ばして口も似ってゆく、目で見て手でつかみ口で舐め味わうという複雑な機能の連携が出来上がる事を示しています。
仰向けから横に体をねじったり、足で強く蹴って体の無機を変えようとしたり立たせると足をつっぱりピョンピョンと飛ぶようになります。

遠くの物を見つめたり色の見分けがつく様になりテレビや音の出るおもちゃに興味を示し始めます。

これらは感覚機能脳発達を示し知的面での進歩の表れと言えます。自分で体を動かせることで興味の対象が変わったり、一人でおもちゃを使って遊ぶようになります。興味がなくなったり遊びを中断されると激しく泣くなど、怒りや悲しみの感情を泣くことで表現します。また感情を体全体で唐輪したり、コレの音の違いで意思表示をするようにもなってきます。

この様に言葉を獲得する段階として乳児がグーイングとは違う声を発します。これをなん語と言います。

●5ヶ月
体重の増加曲線がなだらかになりますが、身長は伸び続けるので少しほっそりとした感じになります。
寝返りを始める赤ちゃんも増えてきます。仰向けでお足を掴んで足の指をしゃぶる。手のひらで鷲掴みすることもあります。
興味のあるものは両手で掴み振り回したり口に運んだりする。一度入るとなかなか離そうとしない。
これらは感覚機能を総動員して物の認識を深める時期になったことの現れである。両目で物を見ることが出来遠近感も判断できるようになる。

目で見たものに触れることが出来、手を伸ばして確認して自分とのそのモノの立体的な位置関係を学ぶようになる。
聴覚も発達しどんな音にも興味を示し顔を向けるようになります。物を見分け、聞き分けられるようになったと言えます。
また、人の区別も始まるので人見知りする子も出てきます。多くの新しい経験をし、記憶・学習する能力もつき、感情の幅も広がってきます。また、不満・喜び・悲しみ・甘えなどという微妙な感情も表現するようになります。

視覚や聴覚の発達により人を見分ける事ができるようになるので、母親とそう出ない人の区別がつきはじめ、母親との信頼関係が深まり母親が声をかけたり抱っこすると泣き止む様になってきます。

関連記事

  1. ベビーマッサージ青梅

営業時間・情報

予約カレンダー

2019年10月
   
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
×満席
24
25
26
27
28
29
×満席
30
31
   
2019年9月

最近の記事

  1. 青梅ベビーマッサージ
PAGE TOP