Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

鼻水の出し方を覚えてこまめなケアを

試してみよう

鼻水がつまっていると呼吸がしづらく、母乳やミルクが飲みにくいためこまめに取り除いてあげましょう。
粘り気のある色の付いた鼻水には要注意です。

鼻水や軽い鼻づまりはよく起こることですが、花が詰まっていると呼吸が苦しくなり母乳やミルクが飲みにくくなるため、赤ちゃんにとってはとても厄介です。急かさずにこまめに取ってあげると同時にミルクは休み休み飲ませましょう。

ベビー用綿棒や市販の鼻吸い機で取り除くこともできますが、嫌がる赤ちゃんも多いのので鼻水を出すマッサージを覚えるととても便利です。鼻水を出すと風邪の治りも早くなるので役立ちます。また蒸しタオルを鼻の下に当てて温めると、ななの通りが良くなります。加湿器などで部屋の湿度を上げることも効果的です。

一方粘り気がああって黄色や緑、茶色など色の付いた鼻水が出てきたときは要注意です。何らかの感染症にかかっている可能性があるので早め見病院へ行きましょう。放っておくと中耳炎や内耳炎を起こしてしまう可能性も否定できません。

関連記事

  1. 青梅ベビーマッサージ
  2. 青梅ベビーマッサージ
  3. 青梅ベビーマッサージ

営業時間・情報

予約カレンダー

2019年8月
       
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
×満席
21
22
23
24
25
26
×満席
27
×満席
28
29
30
31
2019年7月

最近の記事

  1. 青梅ベビーマッサージ
PAGE TOP